2018年2月5日月曜日

食品製造実習


皆さんこんにちは!

暦の上では春とはいえ、まだまだ厳しい寒さが続いていますね(>_<)
風邪やインフルエンザ対策もしっかり行い寒さを乗り越えましょう⛄


さて、食品生命学科では現在3年生必修科目である「食品製造実習」が行われています。

本学のJAS認定工場である食品加工実習センターを利用し、ソーセージなどの食肉加工品やレトルト食品を実際に作り、それらの製造原理について実習しています。

また、工場の衛生管理の考え方についても、ワークシートを用いて考え学びます。





 

 



班ごとに食塩の添加量や肉のカッティング温度を適正な条件から変えて、
ソーセージの味や食感がどう変化するか官能検査を行います。
みなさん違いがわかりましたか?(^^)


 

残りのソーセージは袋に入れ真空パックにします。
 

 



実習に参加した皆さん、お疲れ様でした(*^_^*)

この実習で食品生命学科ならではの貴重な経験ができたのではないでしょうか。
加工食品の製造原理や衛生管理など、学んだ知識を今後に活かしていけるよう
頑張りましょう(^_-)-☆






学科事務室